4つのタイプの乳酸菌商品の中でBから始めるのが良い理由

お通じ改善の方法の1つに、プロテサンがあります。すでに加熱された乳酸菌が入っている商品なのですが、口コミなどでもかなり好評ですね。多くの方々が高く評価している乳酸菌商品という事になりますが、それには複数のタイプがあります。
プロテサンには、全部で4種類あるのです。BとRとGとSですね。どれも全てフェカリス菌が含まれている乳酸菌の製品になりますが、それら4つは主に2つの違いがあります。
まず1つ目の違いとしては、値段ですね。上記の4つのタイプの中では、Sが一番割高になります。楽天でそれを購入して、100包前後入っているタイプの場合は、8万円前後になるのです。
それに対してBというタイプの場合は、4つのタイプの中では一番割安になります。現時点では、1万円前後で購入する事ができるのですね。ですので値段だけで選ぶならば、Bが一番ベターという事になります。
ただしその4つのタイプには、含まれている乳酸菌の量に関する違いもあるのです。前述の中で、Sが一番多く乳酸菌が含まれています。現時点では、1包の中に4兆前後の乳酸菌が入っているのですね。他の乳酸菌サプリなどと比べても、際立って高い数字になります。それに対してBというタイプの場合、現時点では3,000億になるのです。ですので乳酸菌の量を考慮すれば、やはりSが一番強力だと考えられるでしょう。

どのタイプのプロテサンを選べば良いか

それで人によっては、上記の4つの中のどれにすべきか迷ってしまっている事もあるのです。4種類もあると、やはり目移りしてしまうのも自然ではないでしょうか。効果と費用の問題を考えると、悩みどころですね。
私は個人的には、まずはBから始めてみるのが良いと思います。なぜならその商品は、そもそも購入者が非常に多いからです。
楽天にてその4つの乳酸菌商品に対する口コミ数を見てみますと、一番多いのがBなのです。他の3つの商品よりも好評なのですから、それだけ無難なタイプだと考えられるでしょう。実際、口コミの内容を見てもかなり好評な商品なのです。
まずはそのBタイプで試してみて、しばらく様子を見てみると良いでしょう。それで万が一効果が見られなかった時には、RやGなど別のタイプを試してみるのが良いと考えられます。まずは少なめな乳酸菌で試してみて、ちょっと効果が今一つだったらより多くの菌類が含まれている商品を試すイメージですね。
また余り乳酸菌の量が多いと、人によっては腹痛を覚えてしまっているようです。それを回避する意味でも、まずは含有量が少なめなBタイプから始めるのが良いでしょう。

@青汁 ダイエット

カプセルなどで保護をしなくてもほぼ100%届くC-3102

乳酸菌のサプリメントの多くは、いわゆるカプセルなどで保護されている事が多いです。それにはきちんと理由があって、胃袋の中の酸が難関の1つだからです。

そもそも経口摂取された乳酸菌は、大腸や小腸などに届かない事にはあまり意味がありません。お腹の中に働きかけるのが、そのメインの役割になるからです。
ところが経口摂取した乳酸菌は、胃袋の中の酸で溶かされてしまう事が多いのですね。それでは、なかなかお腹の中に届きづらくなってしまいます。

そして前述のようにそれらのサプリメントはカプセルで保護されているのですが、それはたいてい胃袋の酸に対する強さがあります。つまり胃袋の中の過酷な環境でも、そのカプセルは耐えることができるのですね。ですのでサプリメントなどは、しばしばお腹の中の環境を整えてくれるのです。

なぜカルピス社の乳酸菌はカプセル不要か

ところで数ある乳酸菌の中には、そのカプセルが不要なタイプがあります。かなりタフな乳酸菌も中にはあるのですが、その1つがC-3102です。

その乳酸菌は、主にカルピス社の製品の中に含まれています。カルピス社と言えば少々甘酸っぱい飲料で有名ですが、その会社はC-3102という菌類に着目しているのですね。
そしてC-3102は、胃袋の酸に対する耐性があるのです。生存確率が極めて高いのですね。

例えばヨーグルトなどを通じて、乳酸菌を摂取したとしましょう。ところがあの乳製品の中に含まれている菌類の場合は、あまり生存確率が高くありません。10%以下の菌類が多いのですね。そのためせっかく乳製品を摂取しても、お腹の中に届かないケースが多々あるのです。

ところでカルピス社の関連会社は、以前にC-3102に関する実験を行っています。それによると、実に99%前後の菌類が、大腸や小腸まで到達していたのだそうです。つまり非常にタフなのですね。
なぜ99%もの生存率があるかというと、そのC-3102という乳酸菌の一番外側にあるパーツです。とても強い殻があるのですが、それは胃袋の酸などに対する強さを持っているのですね。簡単には溶けない構造になっているのです。

そして大腸や小腸に到達した時点で、その殻が溶け始めます。それでC-3102の中に含まれているポジティブな物質が小腸や大腸に働きかけるので、お腹の中の環境が良くなるのだそうです。

そして生まれつき胃袋の酸に対する強さがある訳ですから、わざわざカプセルなどで保護する必要がありません。自力で生息をする事ができるからです。数ある乳酸菌の中でも、かなり独特なタイプと言えるでしょう。ですのでカルピス社による製品などは、やはり効果は期待できると思います。
乳酸菌で腸内環境を改善

乳酸菌1000億を続けやすい理由とその味覚

乳酸菌132456の商品を用いるのであれば、味は大きなポイントになります。なぜならそれは続けやすさに大きく関わってくるからです。

そもそも乳酸菌の商品は、継続が大切なのですね。少なくとも三日坊主になってしまうのは、あまり良くありません。

というのも経口接種された乳酸菌は、常に体の外に排出される傾向があります。つまり外に出てしまう訳ですね。ですので3日で止めてしまえば、また元通りになってしまうケースが非常に多いのです。断続的に、それを摂取し続けることが大切なのです。

継続性に大きく関わる乳酸菌サプリの味

ところで継続をしようと思うのであれば、やはりサプリメントの味覚などはとても大切なポイントといえるでしょう。なぜならサプリメントの味があまり良くないと、途中で断念してしまう確率が高まってしまうからです。

そもそも私達の食事も、そのような一面があるでしょう。私たちが食べているものの中には、好きな物とそうでない物がありますね。やはり味が良いものは好物になって、続けやすい傾向があるのです。逆に味が今ひとつの食品の場合は、ちょっと続けづらくなってしまうでしょう。乳酸菌のサプリメントも、それと全く同じです。味覚が良いサプリメントを選ぶのは、案外大切なポイントといえるでしょう。

味が良いのでとても続けやすいサプリ

132436具体的にどのサプリならば味覚が優れているかと申しますと、乳酸菌1000億などは良いのではないでしょうか。それを摂取している方々は、味覚に関して大きなメリットを感じている事が非常に多いからです。

今から3年前の春なのですが、ある方が公式サイトから乳酸菌1000億を購入しました。その方の場合は、三日坊主では終わっていません。継続的にそのサプリメントの摂取を続けている状況なのですね。なぜなら、そのサプリがとても美味しいからです。

実はその方は、以前にヨーグルトを用いていました。ところがその方にとっては、ヨーグルトはあまり口に合わなかったようなのです。それで三日坊主で、ほぼ断念してしまっていたようなのですね。ところが乳酸菌1000億の場合はとても味覚が良いので、毎日続けやすいのだそうです。乳酸菌1000億のサプリは4粒が摂取量目安になるのですが、味覚がとても良いので、たまに5粒以上飲んでしまう事もあるようですね。よほど美味しいと思っていらっしゃるのでしょう。

乳酸菌1000億に対しては、そのような口コミがとても多く見られるのです。味覚がとても良い商品なだけに、続けやすいサプリメントの1つと言えるのではないでしょうか。

乳酸菌1000億の摂取により検査で指摘されなくなった方の事例

年齢が高めな方々は、たまに検診を受けている事があります。いわゆる大腸検査などを、定期的に受けている方はもいらっしゃるでしょう。やや過酷な検査ではありますが、自分が健康かどうかをチェックするためには、とても大切な事だけは確実です。ですので体調不良に伴って病院などに足を運んでいる年齢が高めな方々などは、検査をおすすめされる事も非常に多いのですね。

ところで人によっては、乳酸菌1000億という商品によって喜びが生まれている事もあります。なぜならある方は、乳酸菌1000億という商品のおかげで何も問題無くなったからです。

乳酸菌1000億のおかげで検査で何も指摘されなくなった

ある50代の方なのですが、大腸の検査を受けていたようですね。50代というと、ポリープなども見つかりやすくなる時期です。お腹の中にポリープが潜んでしまっていれば、大腸がんで大変なことになってしまう確率も大なので、検査を受けることはとても大切なのですね。ちなみにその検査の時に、ポリープを切除してもらう事もできます

それで上記の50代の方も毎年のように検査を受けているのですが、ある時からお腹の調子が良くなってきたようなのです。実際最近もその方が大腸の検査を受けたのですが、特に何とも無いと言われたようです。その理由の1つが、前述の乳酸菌1000億という商品だったようです。

実はその方は乳酸菌1000億を服用してから、すでに数年間が経過しています。そしてそれを摂取するようになってからは、検査で何も言われなくなったようですね。以前はお腹の調子に問題があると指摘されたこともあったのですが、乳酸菌1000億を摂取するようになってから、ほぼ問題ないと言われる事が連発したようです。それでとても嬉しいと感じていらっしゃったようですね。

乳酸菌1000億のビフィズス菌と乳酸菌で腸内環境が良くなった

乳酸菌1000億の中には、BB-12と呼ばれるビフィズス菌が含まれています。胃袋の酸に非常に強いタイプの菌類なのですが、それは小腸や大腸に対してポジティブな効果が見込めるのですね。それでお腹の中が善玉寄りになって、大腸検査で指摘されなくなったのではないかと考えられます。

それともう1つですが、乳酸菌1000億には粒の直径が非常に小さな乳酸菌が含まれているのです。それが腸で吸収されたことによって、検査で何も指摘されなくなったと考えられるのですね。
何せ検査でポリープを切除するとなると、それだけ生活制限が発生してしまうことになります。もちろんそれは誰しも避けたいでしょう。それを回避するためにも、乳酸菌1000億を服用してみるのが良いと思います。